本文へスキップ

『 森から発想する環境産業へ 』
真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会

真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会

 真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会
 〒717-0013 岡山県真庭市勝山620-5(真庭バイオマスラボ内)
 Tel:(086744-1223 Fax:(086744-3322
 E-mail: info@m-brc.com

お知らせtopics


▼・・・最近の記事はこちらから・・・▼

Date News Comments
 2016/ 3/ 29

   事務局日記更新しました。   タイトル■H27年度 「バイオマスリファイナリー事業人材育成講座」を開催しました■
     
 2015/12/18
 吉備国際大学対象に「真庭市バイオマス産業見学講座」を開催しました    真庭地域のバイオマス利活用及びバイオマスリファイナリー事業の研究内容を学び、現場見学及び事業者の生の声を聴くことで、次世代のバイオマス産業に繋がる人材育成を目的とする。
 
 2015/8/18
 岡山大学グローバル人材特別コースを対象に「H27年度 木質バイオマス産業体験講座」を開催しました    グローバル社会に適応できる要素に加え、(日本の)自然環境と、地元産業への理解と関心を高め、グローバルかつローカルな視野を身につけることを目的とするコースです。
 真庭地域のバイオマス利活用及びバイオマスリファイナリー事業の研究内容を学んでいただき、現場見学及び事業者の生の声を聴いていただくことによって、次世代のバイオマス産業に繋がる人材育成を
目的とします。

 
 2015/ 5/20  真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会 定例総会開催しました。   真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会 
 平成27年度 協議会 会員名簿を更新しました。
 こちらからご覧いただけます

 2015/3/18
バイオマス関事企業者・市内関係者を対象に「木質バイオマス産業体験講座」を開催しました   テーマ「真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会では、バ イオマス資源の利活用拡大を目指し、関連する地域内事業所、企 業及び行政機関との連携強化を図るとともに、研究機関、大学等 ご協力のもと、地域内外を対象とした“バイオマス産業人材育成 ”に積極的に取り組んでおります。
  今回の講座は、バイオマス関連事業者等を対象に、研究事例の 紹介および現地視察を通じて、地域の現状を幅広く認識し、関係 者による情報共有、意見交換を図り、木質バイオマス関連事業の 推進力に繋げる事を目的としております。
  2015/1/28~30 「nano tech 2015 第14回国 際ナノテクノロジー総合展・技術会議」に真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会で出展しました。  テーマ「岡山県の中山間地「真庭」の豊富なバイオマス資源を生かし新たな産業創出を目指す企業等を支援する産学官連携の組織として、地域の研究開発拠点「真庭バイオマスラボ」等で研究・商品開発を行う企業等のパネル・サンプルを展示しました」
出展内容情報は
こちら
 2014/9/29・30
 岡山大学経済学部を対象に「木質バイオマス産業体験講座」を開催しました   テーマ「真庭市は、古より豊かな自然との共存をしてきた町です。地域資源を生かした持続可能な暮らしを実現するために、林業・農業・酪農の分野で、様々なバイオマス利用の取り組みを進めています。今回は真庭全域を巡り、それぞれの現場を見学することで、中山間地域における産業振興、産業創出、環境保全について学びました。
 2014/8/11・12
岡山大学農学部を対象に「バイオマス産業体験講座」を開催しました   テーマ「真庭地域における林業と森林利用に焦点を当て、バイオマス資源の利活用方法についての座学及び間伐材等の体験を通じて中山間地域における産業振興、環境保全について学びました。
 2014/ 6/9  ナノセルロースフォーラムへ入会しました。 ナノセルロースフォーラムについて詳しくは下記のリンクからご覧ください
https://unit.aist.go.jp/brrc/ncf/index.html
(産業技術総合研究所コンソーシアム:ナノセルロースフォーラムトップページへ)
 2014/ 5/26  真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会 総会開催しました。   真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会 
 平成26年度 会員名簿を更新しました。
 こちらからご覧いただけます。
 2014/ 4/1 真庭バイオマスラボへ
「モリマシナリー株式会社」様が入居されました
ホームページ内の真庭バイオマスラボ紹介ページにて、ご紹介させていただいていますのでご参照ください。
真庭バイオマスラボ紹介ページへ
 2014/3/12 「木質バイオマス産業人材育成講座」を開催しました 真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会会員、バイオマス関係事業者の方々を対象に「木慕うバイオマス産業人材育成講座」を開催しました。真庭地域の森林管理やバイオマス利活用の現状、真庭バイオマス発電事業、バイオマスリファイナリー事業の研究などを講演を通じて、地域の現状を幅広く認識していただき、情報共有・交換の機会となりました。
 2014/2/18 「木材業・バイオマス産業人材育成講座」を開催しました 岡山県立大学大学対象に「木材業・バイオマス産業人材育成」を開催しました。真庭のバイオマス利用や、国産材の活用、木材の良さについて学び、建築業等へ活かす事を目的にし、真庭地域における木材産業、バイオマス産業の現地を見学しました。
 2013/12/20 「バイオマス産業体験人材育成講座」を開催しました 倉敷芸術科学大学対象に「バイオマス産業人材育成」を開催しました。真庭市役所での「バイオマスタウン真庭」の概要を知っていただk所からスタートし、研修や体験学習、作業体験等をしていただきました。
 2013/11/5 人材育成「岡山大学グローバル人材育成特別コース」を開催しました  岡山大学全学部対象で今年度新設された「グローバル人材育成特別コース」の1年生35名の学生の方々が学外研修の一環としてバイオマスタウン真庭の見学に来られました。
 2013/9/9
〜9/10
 「バイオマス産業体験講座」を開催しました  岡山大学農学部対象に「バイオマス体験講座」を開催しました。詳しくは9月12日の「事務局日記」に掲載していますので、そちらもご覧ください。
◇岡山大学農学部ホームページでの掲載ページはコチラから↓http://www.okayama-u.ac.jp/user/agr/news/news_id2815.html
 2013/8/23  「サマースクール」を開催しました  夏休みを活用した「サマースクール
産業技術総合研究所 遠藤博士によるバイオマスの最新科学についての座学と木を使った科学実験。ヤマハリビングテック 岡本さんによるウッドプラスチックについての座学と真庭バイオマスラボに設置されている射出成形機の見学と体験をしました。
 2013/5/29  真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会総会を開催しました。  真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会 平成25年度 会員名簿を更新しました。
こちらからご覧いただけます。
2013/ 3/25 真庭のバイオマスリファイナリー研究開発の取り組みを中国地域ニュービジネス協議会のホームページにて動画配信中。 真庭地域の関連施設等の映像とともに、真庭バイオマテリアル有限会社の顧問としてご指導いただいている信州大学の網屋先生による分かりやすい解説がされています。
「笑顔の地球」←動画配信サイトへ
2013/ 3/6
 地域内関連事業者を対象にバイオマス関連企業のバイオマス産業人材育成講座を開催しました。  テーマ「地域内バイオマス関連事業所を対象に、真庭地域のバイオマス資源の発生状況や活用現場を視察することで、地域の現状を認識し、情報を共有、意見交換を図ることを目的とし、木質バイオマス関連事業の推進力に繋げる。
2012/12/11
 岡山県立大学デザイン工学科を対象にバイオマス産業人材育成講座を開催しました  テーマ「木造建築や木材の性質を理解し、将来の建築業へ活かすきっかけをつくる事で、国産材を提案出来る人材を育成する。
 2012/ 11/3  倉敷芸術科学大学生命科学科【津黒とトンボの森づくりプロジェクト】を開催しました。 テーマ「中山間地域における環境保全活動を直に体感し、さらなる環境意識の向上を図る。また、木材・間伐材の資源の発生状況について認識することで、生命科学の分野における素材について考えるきっかけを与える。
倉敷芸術科学大学HPより 「真庭市との連携」もご覧ください。
 2012/9/6・7
 
岡山大学農学部を対象に「林業・バイオマス産業体験講座」を開催しました 
 テーマ「林業における背景、現状、課題、今後の展望を学習し、地域内連携の仕組みや重要性を理解する。さらに地域資源の活用方法、新産業創出、地域産業の可能性を自ら考え、キャリアアップ養成に繋げる。
 2012/ 8/ 1
 「サマースクール」を開催しました  木質バイオマスを活用した新技術の事業化を官民で目指す「真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会」が子供たちにバイオマス利用の可能性を体験してもらおうと開催。
2012.8.4 山陽新聞 『作州ワイド』
 2012/ 6/ 1  真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会 総会開催  真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会が30日、同市勝山「真庭バイオマスラボ」で2012年度の総会を開いた。市や県、企業、岡山大学などから会員ら約20人が出席。
12年度事業計画などを決めた。

2012.6.1 山陽新聞 『作州ワイド』
 2011/ 8/ 3 真庭市と産業技術総合研究所が協定 真庭市と(独)産業技術総合研究所が、2日、「連携・研究協力に関する基本協定」を結んだ。
同研究所のバイオマス利用技術を活用し、同市を拠点に、研究協力、人材育成などを進める。

2011.8.3 読売新聞『地域・岡山』
2011.8.3 山陽新聞『地方経済』
2011/ 6/ 1  ホームページ開設しました。  
2011/ 1/13 森が潤すエコの里 「未利用資源」に着目し、地域の省エネや成長に生かす動きが広がり始めた。梼原町でのペレット製造、高知県でのクレジット制度活用、真庭市における産学官連携による木質セルロースを活用した新産業創出など。

2011.1.13 日経産業新聞『1面』
2010/10/2
2010/10/20
バイオマスタウン真庭推進協議会が講演会開催! バイオマスに取り組む真庭市のバイオマスタウン真庭推進協議会が、19日、三菱総合研究所の川村チーフプランナーを講師に講演会を開いた。真庭の取り組みの現状及び第2ステージへ向けての展望を紹介。

2010.10.23 山陽新聞『作州ワイド』2010.10.20 日本経済新聞『中国経済B』
2010/ 7/18 真庭市バイオマスリファイナリー事業推進協議会発足  木質バイオマスを活用した新技術の事業化を目指し、官民による「真庭バイオマスリファイナリー事業推進協議会」が発足。産学官連携による新産業創出と人材育成に取り組む。

2010.7.18 山陽新聞
 2010/ 6/ 4 セルロースで樹脂材料
岡山県など産学官12団体・社製造へ
岡山県は、3日、木材に含まれる、セルロースを使って付加価値の高い代替材料を実用化する環境保全型ビジネス構築に乗り出すと発表

2010.6.4 山陽新聞『地域経済』
 2010/ 4/17 真庭バイオマスラボ開所 バイオマスに取り組む真庭市が、産学官の連携により、地域資源を活かした新技術研究開発を行う拠点として「真庭バイオマスラボ」を16日に開設した。
企業、大学、研究機関などの入所者を募集。

2010.4.17 読売新聞『地域・岡山』
2010.4.17 山陽新聞『作州ワイド』
 2010/ 4/14 バイオマスで産業創出 バイオマスに取り組む真庭市が、4月16日に研究・人材育成の拠点「真庭バイオマスラボ」を開設し、同時に入所者の募集を始める。

2010.4.14 山陽新聞『第一全県』

▼ 過去の記事はこちらから ▼


  現在はありません